VCORE SV(ブイコア エスブイ)のレビュー

VCORE SV(ブイコア エスブイ)のレビュー

VCORE SV(ブイコア エスブイ)の特徴

“Spin Vortex = 回転渦”により高弾道のスピンボールが打てるテニスラケット。

 

「VCore Si」の後継モデルになります。

 

フレームが薄いタイプのツアーモデルラケットですね。

 

赤と黒のカラーがカッコいい。

 

新技術

【NEW Aero Fin(新エアロフィン)】
200通りの中から最も空気抵抗が少ない形状を設計。

 

・空気抵抗低減によりスウィングスピードが向上。
・サーブスピードが6%アップ。

 

【SV Frame(SVフレーム)】
フレームのトップ部に柔軟性の高い素材を採用することで球持ち感アップ。

 

・ボール接触時間が4%アップ。
・反発性能が2%アップ。

VCORE SV(ブイコア エスブイ)のスペック

 

VCORE SV 95

VCORE SV 98

フェイス面積

95 inch

98 inch

重量

310g

305g

バランスポイント

310 mm

G : 315 mm  LG : 325 mm

ストリングパターン

16 × 20

16 × 19

ラケットの長さ

27 inch

27 inch

フレームの厚さ

21 - 21 - 20

22 - 22 - 21

グリップサイズ

G2 / G3

G : 2 / 3  LG : 1 / 2 / 3

 

 

VCORE SV 100

VCORE SV 100S

フェイス面積

100 inch

100 inch

重量

300g

270g

バランスポイント

G : 320 mm  LG : 330 mm

330 mm

ストリングパターン

16 × 20

16 × 19

ラケットの長さ

27 inch

26.5 inch

フレームの厚さ

25 - 25 - 22

25 - 25 - 22

グリップサイズ

G : 1 / 2 / 3  LG : 1 / 2 / 3

G : 0 / 1 / 2 / 3

VCORE SV(ブイコア エスブイ)のレビュー

SVフレームによるホールド感がある。
たまにすごく引っかかる感じで飛びすぎてしまうことがある。

 

ソフトな打球感。フレームのしなりを感じる。

 

ストロークは、SVフレームによりフェイスのトップが柔らかいため、先で当たったときは、スピン多めにしないと飛び過ぎます。

 

 

しなるテニスラケットでソフトな打球感。
スピン系の方が使った方がラケットの性能を活かせそうです。

 

 

 

 

【Vcore SV 95】


 

【Vcore SV 98】


 

【Vcore SV 100】


 

【Vcore SV 100S】


関連ページ

ASTREL(アストレル)レビュー
フェイス面積が大きめ、フレーム厚も厚めなラケットです。いわゆる厚ラケですね。スペックからもボールが飛びそうな雰囲気がぷんぷんしています。
VCORE Duel G(ブイコア デュエルジー)レビュー
このページではワウリンカ選手が使用するモデルのVCORE Duel G(ブイコア デュエルジー)の特徴、スぺック、レビューを紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ