VCORE Duel G(ブイコア デュエルジー)レビュー

VCORE Duel G(ブイコア デュエルジー)レビュー

VCORE Duel G(ブイコア デュエルジー)の特徴

“重加速スピン”が打てるラケットという謳い文句のシリーズ。

 

ワウリンカ選手が使っているラケットですね。

 

「VCore Tour G」の後継モデルになります。

 

フレームが薄いタイプのツアーモデルラケットですね。

 

ブラックをベースにグリーンとオレンジの色が配色されていて見た目がかっこいい。

 

トップ選手はラケットの中心より少し先端側でボールを捉えるため、フェイス上部のストリングが網目が細かくなっています。

 

新技術

【LOCK BOOSTER】
グロメットを肉厚構造+リブを追加することにより

 

・ストリングの可動域が広がり、しっかりたわむため反発性能が高い。
・ストリングがリブに食いつき、パワーロスが少なくなる。

 

【TOUGH FIBER】
柔軟性を持つグラスファイバーに反発性を持つカーボンナノチューブを複合することによりボールのホールド感と加速力がアップ。

VCORE Duel G(ブイコア デュエルジー)のスペック

 

VCORE Duel G 97

VCORE Duel G 100

フェイス面積

97 inch

100 inch

重量

G : 310g  LG : 290g

G : 300g  LG : 280g

バランスポイント

G : 310 mm  LG : 325 mm

G : 320 mm  LG : 335 mm

ストリングパターン

16 × 20

16 × 20

ラケットの長さ

27 inch

27 inch

フレームの厚さ

20 - 20 - 20

20 - 21 - 21

グリップサイズ

G : 2 / 3  LG : 1 / 2 / 3

G : 1 / 2 / 3  LG : 0 / 1 / 2

 

VCORE Duel G(ブイコア デュエルジー)のレビュー

心地よいホールド感があり、タフジーファイバーのおかげかフレームの粘りがとても感じられた。
そのため、ボールを押す感覚で狙い通りの場所にコントロールできた。
ただ、パワーアシストはほとんどないためにボレーはつらい。

 

こんなに薄いラケットにもかかわらず振動吸収性能が高い。
擦りあげるような打ち方には向いてないのでスピン系よりフラットドライブ系の球を打ちたい方におすすめできます。

 

持った感じはずっしりきます。
その重さのおかげか、サーブに関してはラケットが自然と振られるために切れの良いボールが飛んだ。
40代後半のわたしには余裕がある状態で打つ場合は良かったのですが少し左右に振られるとラケット重くてストロークが少しつらかったです。

 

 

ストリングパターンが多めで網目が細かいため、押すようなスイングかつスイングスピードが速い方に向いています。

 

ボールを潰してスピンをかけると“重加速スピン”が打てそうです。

 

【VCORE Duel G 97】


 

 

【VCORE Duel G100】


関連ページ

ASTREL(アストレル)レビュー
フェイス面積が大きめ、フレーム厚も厚めなラケットです。いわゆる厚ラケですね。スペックからもボールが飛びそうな雰囲気がぷんぷんしています。
VCORE SV(ブイコア エスブイ)のレビュー
このページではVCORE SV(ブイコア エスブイ)について特徴やレビューを紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ