グリップサイズ

グリップサイズ

グリップサイズ

グリップサイズはなんとなく選ばれている方が多いと思いますが、思いのほか重要なファクターになります。

 

グリップサイズは1、2、3とどのメーカもいずれのラケットに対しても用意されています。
メーカによる特色でグリップの形状が異なることがあります。例えばHEADのラケットなんかはグリップが平べったく作られています。
なので同じグリップ2でものメーカによってサイズ感が異なることがあるので実際にラケットを握ってみて、できることなら試打ラケットや友達のラケットを借りてみてサイズを確かめたてしっくりくるサイズを選んだ方が良いです。

 

良く言われてるのがグリップを握ったとき指一本分ほどあいだが空くとちょうど良いとされています。

 

一般的にグリップサイズが大きめの方が力が入りやすいためストーロークがしやすいが握力が必要になります。
逆にグリップサイズが小さいと手首の可動域が広がるためサーブが打ちやすくなりますが力が入りずらい面があります。

 

グリップサイズ:大
 <メリット>
 ・力が入りやすい
 <デメリット>
 ・握力が必要
 ・手首の可動域が狭い

 

グリップサイズ:小
 <メリット>
 ・手首の可動域が広い
 <デメリット>
 ・力がはいりずらい
 ・手首の可動域が狭い


ホーム RSS購読 サイトマップ